MZキャラグラ秘宝館


なんだかんだでそこそこの数のキャラグラをポチクリして参りましたので、
年毎でまとめておきます。

2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009
2010 / 2011 /      /      / 2014
2015 /      /      / 2018 / 2019
2020


補足:キャラグラとは

キャラクター・グラフィックの略称です。
最近のWindowsPCなどでは、アスキーアートと呼ばれているのと
ほぼ同じ意味合いです。

シャープの1980年代初頭のパソコンであるMZ−80/MZ−700シリーズの
文字・記号などである

これらを8色(白、黒、青、赤、緑、黄色、紫、水色)の文字色と
背景色で設定して絵にします。

画面の広さは横:40文字分/縦:25文字分で、
実際のドットは1文字につき8ドットで構成されており、
40x8=320/25x8=200 : 320x200ドットです。
それだと昨今のPCだと小さいので、2倍拡大して640x400ドットで
表示させる感じになっています。

シャープのパソコンの場合は、NECや富士通のパソコンと比べると
ヘンチクリンなUFOとか顔とかがありますが、
1ドット単位のずれた縦・横線などがあるので、
少しだけマシな表現ができるのと、
文字単位で色の指定と背景色の指定が出来るので、
思っている以上にいろいろな絵としての表現が可能です。